Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/221-90cec4a7

トラックバック

コメント

[C292]

荒らし対策乙、じゃねえわ
糞お題出しまくって荒らしてたのお前だろ

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新大喜利PHPの感想

ヤマモトさんの後追いになってしまいましたが、新大喜利PHPの感想をまとめておきます。
一参加者の感想として、もし参考になる部分があれば参考にしてもらえれば幸いです。


・原点回帰
赤い人がコンセプトとして掲げている通り、システム的にはタイプレオパルド以前の、自分が出会った頃の大喜利PHPの姿にかなり近づいたと感じる。
タイプレオパルドに搭載された様々な機能の中には、長い目で見たときに当初の想定とは異なる方向に作用してしまったものもあることから、それらを一旦リセットして一番上手くいっていた頃のシステムに戻すのは一つの方向性としてアリだと思う。

ただ、原点回帰にこだわりすぎる危うさ、みたいなものもうっすらと感じなくはない。
「そのシステムだったからこそ上手く行っていた」のではなく「そのシステムですら上手く行っていた」という可能性がある。また、現行のシステムで20万回分の経験を経た現在の大喜利PHPは、もはやそれ以前の大喜利PHPと全く同じではありえない(例えば不具合報告スレの>>243を見たときにそれを強く感じた)。「不便だからこそ、それを補うためのコミュニティが発達する」という論理も、果たしてこれからの大喜利PHPでどこまで通用するのかは覚束ない。

こうしたことを考えると、残しても良かったんじゃないかなーと感じる機能もいくつかある。例えば他の人のお気に入り一覧を見れる機能とか、トップページでのボケの紹介とかは、赤い人が掲げる「得票率至上主義からの脱却」という方向性とも合致してると思うんだけどなぁ。(実装する余裕がなくて実装していないのなら仕方ないけど、実装できるのに敢えて実装していないのならもう一度検討して欲しいなぁ)


・ツイッター連携
コメント機能の廃止やツイッター連携の強化によって、サイト上ではなく外部ツールでのコミュニケーションを促すようなシステムになった。
実は、技術と時間さえあれば、「大喜利PHPっぽいサイト」にも同じようなシステムを導入したいとぼんやり考えていた。
それだけに、赤い人の意図はよく分かる気がする。(全然見当違いかもしれないけど)

自分の場合は、とにかく荒らしやトラブルのリスクを減らしたいというのが第一にあって、それゆえ誰でも何でも自由に書けてしまうコメント欄は導入できなかった。

その代替としてTwitterが優れているのは、各ユーザーが自由に繋がりを取捨選択できるところ。表現の自由を損ねかねなかったり、トラブルに繋がりやすかったりするので、運営側で「コメント内容が悪いからアク禁」というのはあまりやりたくない。とはいえ不快な書き込みはやっぱり不快。だったら各ユーザーの判断で自由に「嫌なら見るな」を実践できるツイッター上にコミュニケーションの場を移せれば、管理人にとってもユーザーにとっても大きなメリットだと思う。・・・移せれば。

あと、昨日ちゃんこさんも言っていたように、面白いと思ったボケをツイートボタンからツイートしても、わざわざリンクを踏まないと見られないのでは、実際ほとんど誰も見ないだろうなとは思う。できれば画像化してツイートできれば最高だけど、それが難しければテキストとして呟いたほうが、リンクを貼るだけよりも効果は大きいと思う。文字数制限的な心配もそんなに無いだろうし。

あとは、HRツイートのギリッターちゃんの日本語がちょっと拙いのをなんとかできないかとは思うけど、案外難しいということを自分も自動ツイート機能を作ったときに思ったのであまり強くは言えない。
(自分が文面を考えるなら 
 「カバのにおいを他のにおいで表現すると?」に「叔母の会社」でHR! 再度メニュー@レトロゲームさんおめでとー!
 にするかな)

・デザイン
色んな人が言っているように、現状多くの人が一番抵抗を感じるのは結果画面のデザインだと思う。
ここだけはちょっとどうにかして欲しいなーというのが正直なところ。
人数が増えてきたときに厳しいし、それゆえへぱさんが言うような人数の天井も今までより下がってしまう気がする。
個人設定で今までのデザインに切り替えられるようにしてくれればユーザー側としては十分だと思うんだけど、プログラムを組むのは大変なのかなあ。
あとヤマモトさんも言ってるように、お題を1位のボケの外に出してほしい。
結果画面以外のデザインについては、慣れればほとんど違和感はないと思う。


・なるほど~と思った所
新大喜利PHPのシステムの中で一番感銘を受けたのが、得票率集計の扱い。
自分の頭の中には「する」か「しない」か、1か0かの選択しか無かったので、新大喜利PHPが選んだ第三の選択肢にはちょっとした感動すら覚えた。
本当に赤い人の意図する通りの方向へ転がっていくかは実際にやってみないと分からないけれど、問題の核心をついた面白い試みだと思う。

もう一つ、自分でもサイトを作ってみたからこそなるほどと思ったのが、画面遷移の回数が減っているところ。
今までの大喜利PHPでは
投稿画面→投稿完了画面→投稿画面
という遷移だったのが、
投稿画面→(投稿完了メッセージ付きの)投稿画面
になっていて、言われてみれば確かにその通りなんだけど今まで全然思い付かなかった。



そんなわけで、大喜利PHPがまた盛り上がっていくと良いですね。


追記
「原点回帰」について。
改めて冷静に考えると、決して昔のPHPのシステムにそっくりそのまま戻った訳ではないし、赤い人が原点回帰にこだわりすぎているということも(多分、そんなには)無いと思うので、もし既に赤い人がこの記事に目を通していてこの点に気分を害されていたらごめんなさい。
あと、一番最初に言うべきだった「荒らし対策お疲れ様です!」ってのを完全に忘れていた。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/221-90cec4a7

トラックバック

コメント

[C292]

荒らし対策乙、じゃねえわ
糞お題出しまくって荒らしてたのお前だろ

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。