Entries

大喜利論の論点を思いつく限り挙げてみる

昨今の様々な大喜利サイトの様子を見るに、ひょっとすると何か新しい物を生み出そうとする段階は終わりつつあって、これまでの歴史を総括していくべき段階に入っているのかもしれません。(もちろんまだまだ賑わっているサイトもあるし、これからも賑わい続けて欲しいですが) 

そんなわけで、これまで各所で議論されてきた大喜利論に関する論点を思いつく限り挙げてみます。
ゴールデンウィークに暇な方はブログのネタにでもしてください。

ちなみに、以下に挙げる論点の大部分については、一応自分なりの答えは持ってます。が、一つ一つここで論じていくことはしません。まあ、これまでの記事の中で断片的に考えを書いているものもいくつかありますが。問いの立て方にこちらの考えが透けてしまっているものもある気がしますが。


【そもそも論】
・結局、大喜利とは何か?
・「お題に沿う」とはどういうことか?
・「面白い」とは何か?
・ネット大喜利はどれだけの可能性を秘めているのか?
・大喜利は人を幸せにするか?

【お題について】
・「良いお題」とはどんなものか?
・逆に、クソお題とはどんなものか?
・縛りのきついお題が良いか、縛りの緩いお題が良いか
・お題に個性を出すことは是か非か
・「何を書いても面白くなるお題」は良いお題なのか?
・無茶振りお題はどうか?

【ボケについて】
・お題とボケの距離感について
・お題に近い所から発想を広げていくか、少し離れたワードから近づけていくか
・万人に評価されるものを目指すのかマニア受けを目指すのか
・「ボケを拾えない」のは作者の責任か、読者の責任か
・シュールとは何か?
・ベタvsシュール
・"裏CS的"な大喜利をどう評価するか?
・使い回しボケで票を稼ぐ行為は是か非か?
・新参に媚びたボケで票を稼ぐ行為は是か非か?

【採点について】
・現在の各サイトの採点システムよりも良いシステムはあるのか?
・大規模企画でだんだん投票数が減っていくのはどうにかならないのか?
・採点の際、「自分が面白いと思うもの」と「多くの人が面白いと思うであろうもの」のどちらに高い点を入れるべきか?(特に、管理人採点型のサイトやネタボケライフのように、一部の人の採点で全体の結果が決まる場合)
・「つまらない」などの批判的なコメントはするべきか?

【大喜利サイト論】
・理想的な大喜利サイトとは?
・息の長い大喜利サイトにするためには何が必要か?
・「永遠に賑わい続ける大喜利サイト」は存在しうるのか?
・各大喜利サイトの機能・システムの中で、そのサイトの成功に大きく寄与したものはどれか?
・サイトのシステム・デザインが大喜利に与える影響は?

【各サイトについて】
・どの大喜利サイトが一番「レベルが高い」のか?
・ネタボケライフとボケノートに差がついたのはなぜか?
・ボケ問答における「絶対評価で採点」とはどういうことか、どこまでが許されるのか?
・ボケ問答の一部と二部の違いは何か?
・大喜利PHPの「得票率」と「面白さ」の関係
・「票乞食論」をどう評価するか
・大喜利PHPの投票画面での表示位置と結果との関係
・ぼけおめのメジャー制覇者はどれぐらいすごいのか
・「大喜利PHPっぽいサイト」の今後の方向性

【ネット大喜利を取り巻く環境】
・大喜利における「内輪」の功罪
・なぜ2ちゃんねるの大喜利PHPスレは荒れ、ネタボケスレは平和なのか?
・生大喜利vsネット大喜利
・笑点の大喜利とネット大喜利の違い

【大喜利をする人】
・大喜利にハマるのはどのような人か?
・ネット大喜利で結果を残すのはどのような人か?
・叩かれやすいのはどのような人か?
・新参と古参の考え方の違い
・なぜネット大喜利界隈には卓球部出身者が多いのか?
・価値観は多様であるべきか、画一化しているべきか?

【特定の人・お題・ボケについて】
・ネタボケの普通マンが面白いのはなぜか?
・結局「携帯電話の新機能」に対する最高の答えは何か?
・なぜ「あのときの鶴です」には票が集まるのか?
・野球ボケには票が入りやすい(と言われる)のはなぜか?
・んじょも論
・スカイハイ論
・makosu論
・きまぐれ論
・ちゃんこ論


思いついたら追加していきます
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/216-88a303bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mitsudomoe

Author:mitsudomoe
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

サマーウォーズクロック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR