Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/203-62b36690

トラックバック

コメント

[C273]

たまたまその場に居合わせましたので、思い出を語らせてもらいます。この「キロでくる」は初期段階では、「量り売り」でした。「携帯電話の新機能」というお題に対して、「量り売り」というのは機能ではない時点ですでにおかしいのですが、意味は通じます。しかしこの当時の虎猫さんは、欲を出しました。「直接表現したのではわかりやすすぎる、間接的に表現して深みを出そう」とされたのです。そういう魂胆を持って、「量り売り」は「キロでくる」に改編されたわけですが、その場に居合わせた者は全員「これはヤバいだろう・・・意味分かんなくなってるだろう・・・」と気が付いていました。重苦しい空気が流れました。しかし本人があまりにも自信ありげなので、そっとしておいたというのが実情だったのです。後々の評価の事を考えますと、あの時そっとしておいて本当に本当に良かったなと思いました。
  • 2015-09-05 00:14
  • へは゜
  • URL
  • 編集

[C274] Re: タイトルなし

歴史の証言者きたー!!

虎猫「キロでくる」
んじょも「よし」
一同「オッケイ」
虎猫「もう誰も笑ってないし」

の辺りのくだりは本当に、録音を聴いてるだけでも何とも言えない気分になりますね。

それにしても、大企画でもないたった一つの企画が、しかも語弊を恐れずに言うならかなり悪ふざけに近い企画が、後世にこれだけ大きな影響を残すなんて、世の中何が起こるか分からないものですね。いぬぺにっ。
  • 2015-09-05 11:52
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

[C275]

「キロでくる」の記事があがっている…。

このときのことは忘れたいけど忘れられない、古傷みたいな感じの思い出として脳裏に焼き付いていますね。
僕視点の話をすると、このとき、ガッチガチに緊張してて、自分がここに呼ばれてるのよく分かんないな、パッショな坊おるし、こわ、って感じで終始テンパってて、件のボケに関しても、自分でも何がなんだか分からないままゴーサインを出していて、何故か通って、投稿されて、ああなった、っていう、まあ、そんな話なんですけども。

でも、振り返ってみると、あれを1つのターニングポイントとして、大喜利頑張ろうってなったのかも、いや、特に関係無いのかも。です。ただ、鞘さんと関わる大きいきっかけになったのは、間違いないですね。
このあとの後日談として、鞘さんと「キロでくる」でチームを組んだので、多分、あれは成仏したんだと思います。して欲しいです。

太陽が怖い、の話は、また、別の機会に……
  • 2015-10-04 10:08
  • 虎猫
  • URL
  • 編集

[C276] Re: タイトルなし

わわっご本人! ひざ大喜利2位の虎猫さん!
部外者が勝手にすみません!

鞘さんと活発に関わられるようになったのはあれ以降なんですね。「キロでくる」が産んだ繋がり……数奇ですね。

個人的な話をすると、こちらは一参加者に過ぎなかったのですが、それでもやはりあの企画には妙に思い入れがあります。
あの企画が開催されたのは自分がPHPに出会ってから半年後ぐらいで、青い部屋の企画にも参加し始めたばかりで、まだ何もかもが新鮮な頃でした。そんな時期にあの企画があり、会議の録音を聞き、(当時はまだ「なんか凄い人たちらしい」程度の認識でしたが)実力者の方々の(なかば珍妙な)価値観に触れられたことは、その後の大喜利人生に少なからず影響している気がします。

あの会議の録音は(第三者として聴く分には)とても面白いです。
今もよく移動中とか他の作業をしながら聴いています。
残念ながら、まだまだしばらくは成仏しなさそうです…。

太陽が怖いに関しては自分も人づてでしか知らないので、
どなたかが解説記事を書いてくれるのを楽しみに待ってます!
  • 2015-10-04 23:00
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

5分で分かる!「キロでくる」入門

こんばんは。

今回の記事は、キロでくるというフレーズについて、「なんか色んな人が色んな所で使ってるけど意味がわからない、経緯が分からない、でも今更人に聞けない」という方々に説明してあげようという、大変思いやりにあふれたものとなっております。
Google日本語入力の不具合で非常に文章を打ちづらいのですが頑張ります。


今から遡ること5年近く、それは2010年11月13日の出来事でした。
その日、大喜利PHPの青い部屋では、最高の答えという企画が開催されました。

この企画は、当時のネット大喜利界で強豪と目されていた虎猫・んじょも・パッショな坊・へは゜・京都星人の5人が事前にみっちり会議して決めた"最高の答え"と、通常通りその場で3分で考えた他の参加者のボケとで勝負しようという企画でした。
ちなみにこの時の会議の音源と企画実況ラジオは、今もダウンロードして聴くことが出来ます
2010年当時に強いとされていた人たちがどんな価値観を持って、どんな事を考えて大喜利していたかが垣間見えて、なかなか面白いのではないかと思います。

この先の顛末は音源を聞いていただければ分かることですが、簡単に説明します。

この企画の第一問は「携帯電話の新機能」というお題でした。
このお題は当時の大喜利PHPにおいてありふれたお題の代表格とされていたものでした。それ故の難しさもあって会議は難航し、最終的にリーダーの虎猫さんに一任されることになりました。
そして、数分間熟考した後に出した答えがこのキロでくるでした。
ボケの意味は虎猫さん曰く「キロいくらで売ってる。普通携帯電話をそんな売り方しないでしょ?だから面白い」というような意味らしいです。

さて、このボケは何票獲得したかというと・・・

なんと0票でした!


しかしながら、企画に参加した人々の心には妙に残ったのです。
特に、企画参加者の一人であった鞘さんのツボにはまり、その後も事ある毎に使っていたことから、いつの間にか虎猫さんの代名詞として広く知れわたるようになったのでした。
めでたしめでたし。


次回は 10秒で分かる!「かっこいい芋」入門 の予定です。嘘です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/203-62b36690

トラックバック

コメント

[C273]

たまたまその場に居合わせましたので、思い出を語らせてもらいます。この「キロでくる」は初期段階では、「量り売り」でした。「携帯電話の新機能」というお題に対して、「量り売り」というのは機能ではない時点ですでにおかしいのですが、意味は通じます。しかしこの当時の虎猫さんは、欲を出しました。「直接表現したのではわかりやすすぎる、間接的に表現して深みを出そう」とされたのです。そういう魂胆を持って、「量り売り」は「キロでくる」に改編されたわけですが、その場に居合わせた者は全員「これはヤバいだろう・・・意味分かんなくなってるだろう・・・」と気が付いていました。重苦しい空気が流れました。しかし本人があまりにも自信ありげなので、そっとしておいたというのが実情だったのです。後々の評価の事を考えますと、あの時そっとしておいて本当に本当に良かったなと思いました。
  • 2015-09-05 00:14
  • へは゜
  • URL
  • 編集

[C274] Re: タイトルなし

歴史の証言者きたー!!

虎猫「キロでくる」
んじょも「よし」
一同「オッケイ」
虎猫「もう誰も笑ってないし」

の辺りのくだりは本当に、録音を聴いてるだけでも何とも言えない気分になりますね。

それにしても、大企画でもないたった一つの企画が、しかも語弊を恐れずに言うならかなり悪ふざけに近い企画が、後世にこれだけ大きな影響を残すなんて、世の中何が起こるか分からないものですね。いぬぺにっ。
  • 2015-09-05 11:52
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

[C275]

「キロでくる」の記事があがっている…。

このときのことは忘れたいけど忘れられない、古傷みたいな感じの思い出として脳裏に焼き付いていますね。
僕視点の話をすると、このとき、ガッチガチに緊張してて、自分がここに呼ばれてるのよく分かんないな、パッショな坊おるし、こわ、って感じで終始テンパってて、件のボケに関しても、自分でも何がなんだか分からないままゴーサインを出していて、何故か通って、投稿されて、ああなった、っていう、まあ、そんな話なんですけども。

でも、振り返ってみると、あれを1つのターニングポイントとして、大喜利頑張ろうってなったのかも、いや、特に関係無いのかも。です。ただ、鞘さんと関わる大きいきっかけになったのは、間違いないですね。
このあとの後日談として、鞘さんと「キロでくる」でチームを組んだので、多分、あれは成仏したんだと思います。して欲しいです。

太陽が怖い、の話は、また、別の機会に……
  • 2015-10-04 10:08
  • 虎猫
  • URL
  • 編集

[C276] Re: タイトルなし

わわっご本人! ひざ大喜利2位の虎猫さん!
部外者が勝手にすみません!

鞘さんと活発に関わられるようになったのはあれ以降なんですね。「キロでくる」が産んだ繋がり……数奇ですね。

個人的な話をすると、こちらは一参加者に過ぎなかったのですが、それでもやはりあの企画には妙に思い入れがあります。
あの企画が開催されたのは自分がPHPに出会ってから半年後ぐらいで、青い部屋の企画にも参加し始めたばかりで、まだ何もかもが新鮮な頃でした。そんな時期にあの企画があり、会議の録音を聞き、(当時はまだ「なんか凄い人たちらしい」程度の認識でしたが)実力者の方々の(なかば珍妙な)価値観に触れられたことは、その後の大喜利人生に少なからず影響している気がします。

あの会議の録音は(第三者として聴く分には)とても面白いです。
今もよく移動中とか他の作業をしながら聴いています。
残念ながら、まだまだしばらくは成仏しなさそうです…。

太陽が怖いに関しては自分も人づてでしか知らないので、
どなたかが解説記事を書いてくれるのを楽しみに待ってます!
  • 2015-10-04 23:00
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。