Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/188-c6aa4b75

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今までにやった企画まとめ(前編)

今までに自分が主催した企画の概要と反省です。
参考にするなり反面教師にするなりしてください。

もしやってみたい企画があれば、自由にやってくれて構いません。
成功する保障はできないですが、ほとんどの企画は1回しかやってないので、飽きられてはいないと思います。



同じお題でボケよう(2011/11/15)
概要:
全問同じお題を出題する。それ以外のルールは普段通り。
反省:
最初はこれぐらいシンプルでありふれた企画でいいと思う。
企画中の作業量は最小限だけど、それでも何かミスった記憶がある。


平日午後のゲリラ大喜利(2012/05/21ほか)
概要:
平日の午後にいきなり開催する、シンプルな個人戦。
必然的に参加者が少なくなるので、優勝のチャンスが大きい。
反省:
唯一シリーズ化した企画。
企画名がややダサいので変えたいなと内心ずっと思っていた。
参加者が少ないことが売りなので、夜に企画しても人が集まらない時期はやる価値があまりない。
今のPHPでやったら全く集まらない気もするし、それなりに需要がある気もする。
そのうちまたやってみたい。


文字数縛り大喜利(2012/06/02)
概要:
ボケの文字数に縛りをかける。
第1問は10文字、第2問は9文字、・・・と文字数はだんだん短くなっていく。
反省:
これまたシンプルというかひねりがないというか。
まあ最初から難しいことをしようとして大失敗するよりはずっとマシでしょう。


早押し大喜利(2012/06/15)
概要:
・投票画面は上から読む(早く投稿されたボケほど上に表示されます)
・面白いと思ったボケにチェックを入れていく
・4つのボケにチェックが付いたら、それ以降のボケは読まずに投票を完了する
という方法で投票する。つまり、「早く投稿された面白いボケ」に投票する
反省:
今までで一番の失敗企画。
失敗の原因は・・・前回の記事を読んでくれた人なら察しがつくかな?
通常の青い部屋のシステムだと、とりあえず「あ」と投稿しておいて後で上書きする、というテクニックが使えてしまう。それを防ぐために「架空のIPを作り出してチェックをパスする(テスト用)」設定にした。(ついでに多重投稿もOKにした)
その結果、前回の記事で書いたようなことが起こりまくって、企画の根幹がぐっちゃぐちゃになった。
皆さんもくれぐれもご注意を・・・。


青い部屋VS緑の部屋(2012/07/28)
概要:
6分前に通常部屋で出たお題をそのまま出題(企画参加者は通常部屋を見ないでおいてもらう)
企画人は通常部屋の1位のボケを投稿する
企画人に勝てるかな?
反省:
またもや企画の根幹に関わるミスをしてしまった。
裏でちょっとバタバタしてたせいで1回投稿を忘れた。
たぶんここまでの企画でどれ一つとしてノーミスで進行できてない気がする。
企画のアイディアも、悪くはないけど特にパッとはしないかなー。


お盆大喜利(2012/08/13)
概要:
「お盆の一日」をテーマにしたお題を出す
youtubeの動画を見てボケるお題も出題
最後のお題は長文縛りの日記穴埋め
反省:
初めて手応えを感じた企画。
進行してて楽しかったし、参加してくれた人も楽しんでくれたかなーって感じがした。
ただ、最後を難しいお題にすると、最後ボケられなくて不完全燃焼で終わる人が出てくるから良くないかも(と思いつつこの次の企画でもっと難しいことをするんだけど)。


女の子を作ろう!(2012/09/01)
概要:
お題で「名前」「特徴」「趣味」などを募り、上位のボケを採用して女の子を作っていく
ただし、
年齢は(3×√(23:00時点での参加登録者数))歳 
身長は(第1問の投票率×100-60)cm
体重は(登録一番乗りの人の第1問の偏差値)kg
とする
最終お題は、出来た女の子の絵を描いてアップロードしてもらう
反省:
割と気に入ってる企画ではあるんだけど、改良すべき点も多かった。
年齢はあまりおかしなことにならないように調整したつもりだったけど、結果10歳で企画人しか得しなかった。
絵を描くのは相当ハードルが高かったみたいだし、あまり大喜利って感じでもないし、要らなかったかな。


3部屋大喜利 2012/09/10
概要:
赤・緑・青の3部屋全部で同時にボケてもらって合計得点で競う
投票漏れには罰則、特に企画参加者以外も大勢遊んでいる緑の部屋の投票漏れは罰則を重くする
反省:
新赤い部屋のテストプレイで赤・緑の部屋が両方回ってたのでやってみた。
こういうわちゃわちゃしたのが好きな人もいるんじゃないかと思ったけど、思ったほど人が集まらなかった。
まあ人が集まったら集まったで進行が大変だっただろうけど。


続きはまた次回
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/188-c6aa4b75

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mitsudomoe

Author:mitsudomoe
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

サマーウォーズクロック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。