Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/187-08e60c4a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

青い部屋の使い方 補足編(2015年1月版)

今回から数回にわたって、青い部屋で企画を開催したいと思っている人のために役立ちそうなことを書こうかなーなんて思ってます。

第一回の今回は、青い部屋の使い方についてです。



青い部屋の使い方は、既にあまたの先人が丁寧に説明してくれています。

○とりあえず必要最低限のことを知るには、 レオンさんのブログが簡潔で分かりやすいでしょう。

エーゴさんのブログでも丁寧に説明されています。FAQ集も参考になるでしょう。

ちゃんこさんとみっこりんさんは動画を使って説明しているので分かりやすいです。上の2つのブログでは説明しきれていない特殊な機能にも触れています。

基本的には、上のいずれかを見れば企画を開催できるはずです。
ただ、このうち最も新しいレオンさんのブログでも2年近く前に書かれたものなので、その後状況が変わってしまっている箇所がいくつかあります。
また、説明が省略されている注意点だとか、企画人がはまりやすい罠とかがいくつかあります。

そこで今回は、レオンさんのブログへの補足という形で、2015年1月現在の青い部屋の使い方を説明します。
レオンさんのブログを読んだことのない方は先にそちらを読んでください。



変更点1 「青借ります」と書き込む場所は「企画告知スレ」

レオンさんのブログには、セットアップルームを使用する前に『大喜利PHP本部スレ』に「青借ります」と書き込むべしと書かれています。しかし、本部スレの重要な情報が「青借ります」に埋もれてしまうことを防ぐために、現在は「企画告知スレ」に書き込むように変更されています。残念ながらこのルールは徹底されておらず、現在は本部スレに書き込む人と企画告知スレに書き込む人が半々といった状況ですが、このようなルールが作られた意図を理解して企画告知スレに書き込んでもらえると助かります。
ついでに、企画スレに貼った企画テンプレを企画告知スレにも貼っておきましょう。これもあまり徹底されてないですが。


変更点2 お題ヘルパーは使えます

上の3つのブログ・動画の時代にはお題ヘルパーは壊れていて使えなかったのですが、現在は再び使えるようになっているので、有効に活用しましょう。
お題ヘルパーを使う際には、セットアップルームで「お題ヘルパーから自動出題モード」を選択します。
自動出題モード

出題の方法は「ランダム出題モード」や「登録順出題モード」の時と同じです。
結果画面下の出題ボタンを押して出題画面に行き、
新お題の欄に「set+自分が設定したパスワード」を入力して出題ボタンを押します。
次の出題確認画面で、出題される予定のお題を確認することができます。
自動出題モード2

お題が気に入らない場合は、一旦前の画面に戻って出題ボタンを押し直すことでお題を変えることができます。


変更点3 企画告知ツイートはできません

現在はギリッターちゃん(大喜利PHP公式ツイッターアカウント)が正常に作動していないため、企画告知ツイートを行うことはできません。
(その代わりになるかは甚だ疑問ですが、三つ巴(@mi_tsu_domoe)から見えるアカウントで企画告知してもらえれば、出来るだけリツイートするようにはしています)



補足1 個人集計のバグに注意

個人集計
青い部屋の個人集計はたまにバグります。
1つの回の結果を二重にカウントしてしまいます。
ただしチーム集計には影響がないらしいです。
個人集計バグ

こうしたバグが発生する可能性も一応考慮に入れて、対策を考えておきましょう。
まあ大抵の場合は「バグを黙殺してそのまましれっと企画を続行する」ぐらいしか対処法が無いですし、それで全然構わないと思いますが、もしも自前のツールでササッと集計し直して正しい集計をスレに貼ったりでもすれば、株が上がること間違いなしでしょう!


補足2 ログのダウンロード方法

レオンさんのブログで説明されている方法では、ダウンロードされるログはエクセル形式となり、エクセルを使ってデータ分析したい人以外にはやや不親切です。
また、環境によっては文字化けなどの問題も発生するようです。
そのため自分はいつも、結果画面をそのままの形でダウンロードするようにしています。
<方法(Google Chromeの場合)>
結果画面で右クリックし、「名前を付けて保存」をクリック
ログ保存

適当なファイル名を付けて、ファイルの種類は「ウェブページ、完全」で保存
ログ保存2

保存したログを見るときは、フォルダの形のアイコンではない方をクリック
ログ見る



補足3 「架空のIPを作り出してチェックをパスする(テスト用)」の罠

これは少しマニアックな話なので、シンプルな企画しか行うつもりがない方は読み飛ばして構いません。
セットアップルームの一番最初のページに「テスト用:IPアドレスチェック」という項目があり、そこで「架空のIPを作り出してチェックをパスする(テスト用)」を選択すると、多重投稿や多重投票が可能になります。
この機能は本来、企画人が企画開始前や企画立案時に行うテストプレイを円滑にするためのものであって、そうした用途に使う分には何の問題もありません。
しかし、もしこの機能を逆手に取って、多重投稿・多重投票ありの企画を開催しようとしている人がいたら、少し考え直したほうがいいかもしれません。
その理由を一言で言えば「あくまでもテストプレイ用の機能なので、あまりしっかりプログラムが組まれていないから」です。
具体的にどんなことが起きるかというと、ある条件を満たしたとき、先に投稿されたボケAが、後に投稿されたボケBに上書きされて、ボケAが無かったことになってしまいます。
これが結構な頻度で発生します。
しかも、赤い部屋や通常の青い部屋におけるボケの上書きとは異なり、ボケAとボケBの投稿者は同じとは限りません。自分が投稿したボケが、勝手に誰かのボケに上書きされてしまうのです。
それでもどうしてもこの機能を利用した企画を行いたい場合は、以上のことを事前に参加者に周知しておくことを忘れずに。


補足4 自信ありボーナスについて
自信ありボーナスの算出方法は
自信ありボーナス=(そのボケの偏差値-偏差値ハードル)×0.8
らしいです。
自信ありシステムを使うと点数が激しく動いて面白くなる反面、ゲームバランスもなかなか難しくなります。目安を挙げると、偏差値ボーダー(の平均)が55以下ぐらいならば、強い人の多いチームなら全問全員自信ありを使ってもプラスになります。偏差値ボーダー(の平均)が60近くなると下手に冒険するよりも全員全問自信なしにするのが一番のようです。自信ありシステムに慣れてないチームは、偏差値ボーダーの値にかかわらずほぼ確実に自滅します。
企画を計画する上で1つ注意しておいた方がいいのは、「チーム代表者のみが投稿する回」のような、投票数が投稿数よりはるかに多いときの自信ありボーナスの入り方です。
そのような回では1つのボケに何十票も入るので、そのぶん自信ありボーナスも多くなると思いがちですが、実際には通常の回と同程度の点数にしかならないということは上の算出式(と偏差値の算出方法)を見れば分かるでしょう。
大規模企画のチーム代表戦の自信ありボーナスは、よっぽど圧倒的な票数を獲得したボケ以外には雀の涙ほどの影響しかもたらさないと考えておきましょう。


補足5 カンマは使えません
青い部屋では(たぶん赤い部屋でも)、お題やボケに半角のカンマを使うことができません。
カンマを使うと、カンマ以降の文字列は表示されません。
例: あいう,えお → あいう
昔ある企画で数学の試験問題をそのままお題として使った時にこの仕様に泣かされたので、皆さんもそういう特殊なお題を使うときは気をつけて下さい。



また何か思い出したら書き足します。
他に書き留めておくべき情報を持っている方はぜひコメントを下さい。
特に自分はチーム戦をほとんど主催したことがないので、その辺に詳しい方のコメント大歓迎です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/187-08e60c4a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。