Entries

書き方のズレとPHPのこれから

自分の中できれいに話が繋がったので書き残しておきたくなった。
雑談スレに投下しようと思ったけど、思いのほか個人的な主義主張の色が強くなってしまったのでこっちで。


今日書きたいことは、ボケの「発想」ではなく「書き方」について。
「書き方」に対する考え方のズレがPHPにどんな影響を与えているかを考えたい。


PHPは投稿・投票時間の短さから、「できるだけ簡潔に書くべき」という考え方が強い。
それゆえに、「書かなくても伝わることは書かない」という意識もかなり強い。
分かりやすい例では、理由お題に「~だから」と答えるのは好まれないみたいな。

とはいえ、「理由を聞かれてるのに『~だから』で答えないのはおかしい!お題無視だ!」
という人も、中には居るかもしれない。まずここでズレが起きる。
「きっちりお題に沿おうとする人」と「それよりも簡潔さを優先させる人」のズレ。
この種のズレ、けっこう無視できない規模で起きてるんじゃないかと思う。


さらに厄介なことに、「じゃあどれだけのことをどこまで書くべきか」が状況によって変わる。
80個のボケの中で目に留まるにはとにかく簡潔にキャッチーに答えないといけないけれど、
10個のボケの中で評価されるには簡潔さよりも内容の濃さで勝負したほうがいい。
長い間一緒に大喜利してる人ばかりの集まりならば、いろんな前提を共有しているから
それを全部省略してもちゃんと伝わるけれど、周りが初めて一緒に大喜利する人ばかりだったら、
一からちゃんと説明しないと伝わらない。

そうなるとおそらく、
A:「毎晩50個以上のボケが並ぶのが当たり前で、前提を共有するためのコミュニティがしっかりしていた時代」に育った人
と、
B:「どんなにボケが多くてもせいぜい40個で、みんなが集まるコミュニティが存在しない時代」に育った人
とでは、「どれだけのことをどこまで書くべきか」という考え方に根本的なズレがあるのではないかと思う。
ズレがあって当然だし、ある意味ではズレがある「べき」なのだろうと思う。


「前提の共有度合いによるズレ」と「人数によるズレ」のそれぞれについて、もう少し詳しく考えていこう。

「前提の共有度合いによるズレ」は、確実にあると思う。
自分はまあAの側の人間だけど、Aの人が「これぐらいは書かなくても伝わるだろう」と意識的・無意識的に省略していることが、想像以上にBの人に伝わってないんだろうなと感じることが多々ある。
そしてそれがAの人とBの人の間に溝を産んでしまっている部分が、少なからずあるんだろうなと思う。
このズレが顕在化したのがあのメロトロン事件なのであって、おそらくメロトロンさん以外にも同じように感じてる人は少なからず居るんだと思う。

逆に、「人数によるズレ」はもっと強まるべきなんじゃないかと考える。
論より証拠ということで、PHP草創期の頃のログをちょっと見てもらいたい。
今よりも全体的にボケが「しっかりしている」ことが分かると思う。
(「しっかりしている」は100%褒め言葉ではないけれど、ここではどちらかといえば褒め言葉として使ってる)
当時のことを知ってるわけではないけれど、ざっとログを見た限りでは、人の数は今と大体同じぐらいに見える。
けれどもあまり寂しさを感じないのは、みんなが「人数に見合ったボケ」をしてるからなんだと思う。

人が少なかった草創期には、それに見合ったしっかりしたボケが評価されていた。
人が増えるにつれて、より投票画面で読みやすい簡潔なボケが評価されるようになっていった。
そして今、人が減ってきたにもかかわらず、人が多かった頃の正解を少し引きずってしまっている。
この辺に問題がある気がするんだけど、どうだろう?

我々のようなPHPの全盛期を知ってる人間はどうしても
「あの頃は~だったからあれだけ盛り上がってたんだ」
という考え方をしてしまいがちだけれど、むしろ
「それだけ人が多かったからこそ~が正解になり得たんだ」
と考えるべき部分も少なからずあるし、そこを履き違えちゃいけないなーと思う今日この頃。



以上を踏まえてじゃあどうするべきかって所まで書こうと思ってたけど、疲れたので強引にまとめよう。


・コミュニティが果たしてきた役割って大きいね!
・受け継ぐべきことは受け継いで、忘れるべきことは忘れよう!
・メリークリスマス!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mitsudomoe3.blog.fc2.com/tb.php/184-4d60262d

トラックバック

コメント

[C237]

みつどもえさん毎度。
ところで、みつどもえさんは理由お題は好きですか俺は苦手だねぇ^^;

うまくまとめられない人間なのでどうしてもボケると長くなる。これ票取れないだろうな。って思うと案の定。元々票取れないでしょ?っていうのは無しで。

大喜利PHPを見る限り、理由お題に対して「~だから」。という書き方してるのは見てる限りで5~6割。細かいこと書かずに要点だけを書く方は残り。かな。

自分は理由の問題になると、よっぽど勘が働かない限り、一言二言でまとめる。言い方悪いけど捨ててる感じ。でもそれで上位くると、うぉい!ってなるけど。

結果みて、こんな発想できたらいいな。って他の人のみていつも思うねぇ。発想だけではいまひとつ。要点まとめて伝えられるスキルが身につくまでまだまだ静観です。
  • 2014-12-27 00:15
  • r17
  • URL
  • 編集

[C238] Re: タイトルなし

R17さんどうも!

自分は理由お題は特に得意でも不得意でもなく、あまり思い入れはないですね。
ただし綺麗にハマるとデカい(&得票数の予測がつきやすい)ってのはあるので、得票率を気にしてるときには重宝します。なので好きではあります。
得票率を気にしてない時は本当に書きたいことを書いてるだけなので、得意不得意はあまり気にしてないです。
(どうでもいいですけど、理由お題の究極の答えは昔切り裂きジャックさんがしてた「リッユー」ってボケだと思いますw)

この記事で言いたかったことでもあるんですけど、やっぱり理由お題にしっかり答えようと思ったらある程度の長さにならざるを得ないことは多いし、そういうボケももう少し評価されてもいいんじゃないかなーって思うことはあります。まあ簡潔に伝えるのも大事なスキルではありますが。

それから確かに、「~だから」で答えるべきではないって風潮も、昔と比べれば弱まってきてる気がしますね。
少し古くさい考え方になってきてるのかも。

  • 2014-12-27 01:33
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

[C239]

うーん、「高速のどぼとけ」を仮に省略せずに書いたところで、メロトロンさんはそれに投票するとは思えないです。
これは表現の問題じゃなくて、もっと根本的な違いに根付いているものだと思いますよ。
  • 2015-01-01 13:07
  • URL
  • 編集

[C240] Re: タイトルなし

元旦からどうも。
高速のど仏の時代を知ってる方なら話が早いですね。

なるほど、少し言葉が足りませんでした。
強引に書き方の話に絞ってしまったのも不適切でしたね。


数年経った今でもこうやってみんなが覚えてるぐらい、高速のど仏は当時激しい論争を巻き起こしました。つまり当時から否定的に見ていた人は少なからず居たわけで、指摘通り「もっと根本的な違い」は今も昔ももちろん存在します。もしメロトロンさんがあの時代にPHPをしていたら、間違いなく否定派に回ったことでしょう。

それを踏まえた上で、「じゃあどうして当時はそれが正解(≒多数派)になり得たのか?」と考えたときに、「コミュニティにおける価値観の共有」が重要なキーワードになるだろう、ということです。今回は話の主題に合わせるため、強引に「書き方に関する価値観」に話を絞ってしまいましたが、もちろん書き方に限った話ではありません。全員の価値観を完全に揃えることは不可能でも、今まで正解とみなされなかったものを正解にするぐらいのことは、確固たるコミュニティがあれば容易いことです。人はそれを「内輪化」と呼びますが。

一言で言えば、高速のど仏の時代は、PHP全体がものすごく内輪化していた時代です。でもその内輪化は、トータルで見ればプラスに働いていたようです。「高速のど仏の時代」と「PHPの歴史上最も人が多かった時代」がほとんど一致しているのは、とても興味深いことです。高速のど仏の時代については、ぜひもっと色んな人に色んな視点から分析して欲しいですね。

コミュニティが希薄化して全体で価値観を共有する機会が少なくなるとともに、コミュニティが活発だった時代の遺産が負の遺産となりつつある。メロトロン事件は、そんな時代の状況を"象徴"しているように感じます。(ブログ本文では"顕在化"という言葉を使いましたが、"象徴"の方がこちらの意図が正しく伝わるかな?)
  • 2015-01-01 16:55
  • mitsudomoe
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mitsudomoe

Author:mitsudomoe
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

サマーウォーズクロック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR